DipMeshSystems.

技術文書
技術文書 literature music このサイトについて
Apache/httpd bash Firebird git gpg grep & sed MacOS X メールサーバ ネットワーク プログラミング sambaファイル共有 screen ssh su / sudo TextConsoleLife vi / vim vnc xxd yum UNIX関係のその他の資料
Linux では、httpd.conf の prefork.c - MaxRequestsPerChild の値に応じて、プロセスが所定クライアントを処理後に再起動する。本来であれば、一度生成されたプロセスを永続的に使い続ける方が効率が良いですが、実際的には、大規模な処理を行った後などでは、一度プロセスを終了して、メモリを解放された方が望ましい場合も多いです。また、万が一、各プロセス中でメモリリークなどが発生した場合でも、被害を最小限にすることが出来ます。
私見では、PHPで大きめのウェブアプリケーションなども動作させる場合、設定値は50~200程度が良いと感じています。但し、メモリが潤沢な場合には数千以上の大きな値を設定しても問題はないでしょう。

Apache2のリバースプロキシ:
ProxyPass / http://DOMAIN_NAME/
ProxyPassReverse / http://DOMAIN_NAME/
ProxyPassReverseCookieDomain AXS_DOMAIN_NAME DOMAIN_NAME


  1. SSL

  2. Basic認証とIP制限の併用

    Basic認証とIP制限の併用
  3. Basic認証

  4. IPアドレスによるアクセス制限

    .htaccessでの設定で、特定IPからのみアクセスを許可したり、特定IPからのみアクセスを許可する方法です。
  5. mod_rewriteの追加

    Apache2 への mod_rewrite モジュールの追加方法
  6. WebDAV Server

    WebDAVサーバ機能を使用することで、httpsだけで簡単にファイルサーバとして使用することができます。
©1998-2014 DipMeshSystems.
this site is powered by OpenSylph / DipMeshSystems.
x