DipMeshSystems.

プログラミング 技術文書
技術文書 literature music このサイトについて
bash スクリプト C言語 C++ java JavaScript php
出力のカラーリングについて
echo -e "This is \e[01;43;31mtest\e[00m display"

  1. Bashスクリプトの作成方法

    1. テキストファイルを作成し、実行権限を与える。
        touch ./sample.sh
        chmod 711 sample.sh
      
      
    2. %vim%などで編集する。
        vim ./sample.sh
      
      

      以下は内容の例:
       #!/bin/%bash%
       VAR_TEST=SAMPLE
       echo "$VAR_TEST"
       echo date -d '3 months ago' '+%Y/%m/%d %H:%M:%S'
       
       less ./ | mail -s 'TestSubject' someone@yourdomain.xxx
      
      
    3. 作成したスクリプトファイルのパーミッションを設定する。
       chmod 755 ./sample.sh
      
      


  2. Bashスクリプトによる文字列の再帰的置き換え

     #!/bin/bash
     for FILE in $(egrep -rl "$2" $1); do
         mv $FILE $FILE.old;
         cat $FILE.old | sed "s/$2/$3/g" > $FILE;
     done;
    
    


  3. 再帰的文字コード変換

    単一ファイルの文字コード変換を iconv で行う場合

     iconv -f SJIS-win -t UTF-8 SourceFileName.txt > ConvertedFileName.txt
    
    



    再帰的に行う場合には、forループを使用すると便利です

    ※例はtxtファイルを対象としています
     for FILE in find . -name *.txt; do mv $FILE "$FILE"_tmp; iconv -f SJIS-win -t UTF-8 "$FILE"_tmp > $FILE; rm -f "$FILE"_tmp; done;
    
    
    単一行で上記のように使用することも出来ますし、同じ内容をスクリプトファイルとして以下のように作ることも出来ます。
     #!/bin/bash
     for FILE in find . -name *.txt;
     do
     mv $FILE "$FILE"_tmp;
     iconv -f SJIS-win -t UTF-8 "$FILE"_tmp > $FILE;
     rm -f "$FILE"_tmp;
     done;
    
    


©1998-2014 DipMeshSystems.
this site is powered by OpenSylph / DipMeshSystems.
x