DipMeshSystems.

技術文書
技術文書 literature music このサイトについて
Apache/httpd bash Firebird git gpg grep & sed MacOS X メールサーバ ネットワーク プログラミング sambaファイル共有 screen ssh su / sudo TextConsoleLife vi / vim vnc xxd yum UNIX関係のその他の資料
CentOS5.4では%yum%で簡単にインストール出来ます。
 >%sudo% %yum% install postfix


sendmail と postfix の切り替え
 %sudo% /usr/sbin/alternatives --config mta
 %sudo% %yum% remove sendmail
 %vim% /etc/postfix/main.cf


 myhostname = mail.xdip.com
 mydomainname = xdip.com
 mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
 inet_interface = all
 home_mailbox = Maildir/
 #以下の例では SSLにhttpd用のものをそのまま使っています。
 smtpd_use_tls = yes
 smtpd_tls_cert_file = /etc/httpd/conf/ssl/xxxx.crt
 smtpd_tls_key_file = /etc/httpd/conf/ssl/xxxx.key
 smtpd_tls_session_cache_database = btree:/etc/postfix/smtpd_scache
 smtpd_sasl_auth_enable = yes
 smtpd_sasl_local_domain = $myhostname
 smtpd_recipient_restrictions =
     permit_mynetworks
     permit_sasl_authenticated
     reject_unauth_destination

【注意】procmail関係の設定を行っていない場合には、 mailbox_command をコメントアウトしないと、home_mailboxが上手く機能しないので注意。

SMTP認証を機能させる
 chkconfig --add saslauthd; chkconfig saslauthd on
 /etc/init.d/saslauthd start



特定IPからのメールの拒否

 vi /etc/postfix/main.cf


smtpd_client_restrictions=permit_mynetworks,check_client_access hash:/etc/postfix/reject_list,permit

 vi /etc/postfix/reject_list


192.168.0.1 REJECT
sample.com REJECT
↑あくまでも例

 sudo  postmap /etc/postfix/reject_list
 sudo /etc/init.d/postfix reload




メールのキューに蓄積した膨大なメールをまとめて消す

サーバ上で開発しているときに、運用時のためのデバッグ情報のメール送信機能がオンのまま、バグで大量メールが発生してしまった場合でも、メール処理が遅延してまだこれから出る分のメールがキューにたまったままになっている可能性があります。この場合、まずはpostfixを停止して、メールの外部への送信を止めましょう。
 sudo /etc/init.d/postfix stop


次にメールキューに蓄積があるかを確認してみます。
 sudo mailq


大量にあって捨てても良い場合には以下のコマンドでメールキューを空に出来ます。
 sudo postsuper -d ALL


念のため、ちゃんと空になっているかを確認します。
 sudo mailq


最後に、postfixを起動しておくのを忘れないようにしておきましょう。
 sudo /etc/init.d/postfix start



©1998-2014 DipMeshSystems.
this site is powered by OpenSylph / DipMeshSystems.
x