DipMeshSystems.

技術文書
技術文書 literature music このサイトについて
Apache/httpd bash Firebird git gpg grep & sed MacOS X メールサーバ ネットワーク プログラミング sambaファイル共有 screen ssh su / sudo TextConsoleLife vi / vim vnc xxd yum UNIX関係のその他の資料
  1. sambaあるいはWindows共有のマウント

    CentOSでは smbmountコマンドは廃止され、代わりに通常のmountでファイルシステムを cifs に指定することにより、マウント動作を行うことができるようになりました。

    以下にtestディレクトリを仮に作成して、sambaサーバであるHostNameの場所「ResourceName」をtestにマウントし、マウントされた内容を確認し、umountでマウント解除する例を示します。
     mkdir test
     sudo mount -t cifs //HostName/ResourceName ./test -o username=SambaUserName,password=SambaPassword,uid=LinuxUserName,uid=LinuxGroupName
     ls -l ./test/
     sudo umount ./test
    
    


  2. samba共有のCUIブラウザ

     %sudo% %yum% install samba-client
    
    

    共有リソース名の一覧
     smbclinet -U UserName -L HostName
    
    

    共有リソースへのアクセス
     smbclient -U UserName //HostName/ResourceName
    
    


©1998-2014 DipMeshSystems.
this site is powered by OpenSylph / DipMeshSystems.
x