DipMeshSystems.

技術文書
技術文書 literature music このサイトについて
Apache/httpd bash Firebird git gpg grep & sed MacOS X メールサーバ ネットワーク プログラミング sambaファイル共有 screen ssh su / sudo TextConsoleLife vi / vim vnc xxd yum UNIX関係のその他の資料
 UNIX/LinuxではGUI操作よりも、CUIコンソールでの操作を日常的に行います。インターネットの黎明期ではtelnet [G] が多用されていましたが、現在は通常はSSHを用います。私自身はプログラミングやサーバ管理に関する仕事では、殆ど一日中SSHを使用しています。
 SSHはtelnetと同じようにネットワーク経由でログインして作業するための仕組みです。telnetと異なるのは通信経路が暗号化されるということです。接続用パスワードも通信内容もすべて暗号化されます。
 また、公開鍵認証を使用することで、パスワード認証よりずっと高度なセキュリティの確保が望めます。更に、OpenSSHではポートフォワーディング(トンネル)機能により、この暗号化された接続を用いて、任意のポートの通信を通すことが出来ます。これにより暗号化されていないプロトコルをセキュアに利用出来るとともに、遠隔地のサーバのファイアウォール内だけで使用可能な多くの操作が行えるようになります。

CentOS6.xなどRHEL6系では事前に一度SELINUXを解除を忘れずに。
 sudo yum remove selinux*


公開鍵の作成
 ssh-keygen -t rsa -b 4096


known_hostsの確認をスルーする。

/etc/ssh/ssh_config
 StrictHostKeyChecking no



  1. 公開鍵認証

    公開鍵と秘密鍵のペアによる認証方式について
  2. SSHのトンネル機能

    SSHで利用できるトンネル=ポートフォワーディングの使用方法などについてです。
  3. sshfs

    fuse sshfs について
©1998-2014 DipMeshSystems.
this site is powered by OpenSylph / DipMeshSystems.
x