DipMeshSystems.

ssh 技術文書
技術文書 literature music このサイトについて
公開鍵認証 SSHのトンネル機能 sshfs
sshfs を使用することで、ssh/sftp 接続可能なリモートサーバ上のファイル資源を、ローカルディレクトリに対してマウントすることが出来ます。
sshfsはOS上のユーザ空間で利用可能なファイルシステムの基盤技術であるfuse上で動作するファイルシステムのひとつです。

CentOSでは追加レポジトリを設定することで、yumによって簡単にインストールすることができます。
 sudo yum install sshfs
 sudo usermod -G fuse UserName

上記が完了したらあとは実際に以下のコマンドのように使用するだけです。
 mkdir -p ./mount_point
 sshfs UserName@xxxx.xxx ./mount_point

使い終わったら
 fusermount -u ./mount_point
 rmdir ./mount_point

という感じで。

これがあると公開鍵認証のsftp接続に対応していない開発ツールでもリモートサーバ上のファイルをローカルなものとして直接開くことが出来ます。

注意点としては、特に何も設定していない状態では、マウントした空間でgrepやアーカイブの圧縮・展開したりすると泣けるくらい遅いです。また、シンボリックリンクで泣ける事態を引き起こさないように注意してください。普通にマウントするとシンボリックリンクは元の場所で設定された通りの位置にリンクしています。このあたりのことはマウントオプションの設定の際に気をつけることである程度解決可能な場合もあります。


©1998-2014 DipMeshSystems.
this site is powered by OpenSylph / DipMeshSystems.
x