DipMeshSystems.

技術文書
技術文書 literature music このサイトについて
Apache/httpd bash Firebird git gpg grep & sed MacOS X メールサーバ ネットワーク プログラミング sambaファイル共有 screen ssh su / sudo TextConsoleLife vi / vim vnc xxd yum UNIX関係のその他の資料
sshでサーバーに接続して何かをしている時間が多くなると、そのまますべてをコンソールの上で行いたくなったりしませんか?あぁ、しませんか…。でも、ここではそんな風に感じた時に便利なセットを。

rogue


  1. shred

    ファイルを完全削除するコマンドです。

      shred -zuv FILE_NAME
    
    

    これでランダムな内容を何回も書き込んだ上で、
    内容を全部ゼロで埋めて、
    仕上げに繰り返しファイル名を変更して、
    最後には削除してくれます。

    gpgで暗号化した後に良いですね。


  2. wget

    sshだけで作業を完結したいときに最初に面倒なのが、ファイルのダウンロード。
    そんなときには curlかwgetが便利です。

    wget

      wget http://somewhere.com/anyfile.tar.bz2
    
    
    他にもサイトをHTMLとして丸ごとダウンロード・バックアップにも便利です。
      wget -k --convert-links --html-extension -r http://sample.com/
    
    

    curl

      curl -O http://somewhere.com/anyfile.tar.bz2
    
    


  3. w3m

    ところが、ウェブで何かを調べたいときには、curlやwgetだけではちょっと億劫。
    そこで活躍するのがテキストコンソール用のウェブブラウザw3m。日本語やhtmlのtableタグなどもそれなりに表示してくれるので、かなり重宝します。

    殆どのLinuxディストリビューションではw3mは標準で入っているか、或いは簡単にインストール出来ます。%su%や%sudo%でroot権限で以下のコマンドを実行するだけでインストール出来るでしょう。
     >yum install w3m
    
    
    起動方法も簡単です。
     >w3m http://xdip.com/
    
    
    これだけです。
    細かい使い方は…そのうち記載するようにしますが、とりあえずは こちら [G] でも参考にしておいてください。


  4. cacaview

    libcacaのインストール

    テキストコンソールでの生活でもっとも不便さを感じるのが、画像の内容を確認してみたり、或いはw3mでブラウズ中に遭遇するCAPCHA。これはlibcacaである程度解決出来る。

    w3m [G] , w3m [W]
    libcaca公式サイト , libcaca [G] , cacaview [G] , cacaview [G]
     > %yum% install libcaca
     > %yum% install caca-utils
     > cacademo
    
    
    上記でデモ画像が表示されたら、インストール成功。

    cacaivewを%w3m%に組み込む

     >w3m ホームディレクトリに必要ファイル群を生成させるためだけなので、すぐに終わって良い
    >cd $HOME/.w3m >touch ./mailcap >vim ./mailcap image/*; cacaview %s ; needsterminal

    画像をアスキーアートとしてコンソール(SSHも可)で表示


     > cacaview ./sample.jpg
    
    

    画像をColoured ANSI形式のテキストで保存する

      img2txt -W 200 ./sample.jpg > ./sample.aa
      cat ./sample.aa
    
    


  5. alpine

    テキストベースのメールクライアント


    テキストベースのメールクライアントpineの後継ソフトウェアalpine を使うことで、快適にテキストベースでメールの処理を行うことが出来ます。
    私はCentOS 5.3 のepelレポジトリを使用して、
      sudo %yum% install alpine
    
    
    として使用しました。とりあえずローカルのmboxは日本語を含めてきれいに読めています。


  6. samba共有のCUIブラウザ

     %sudo% %yum% install samba-client
    
    

    共有リソース名の一覧
     smbclinet -U UserName -L HostName
    
    

    共有リソースへのアクセス
     smbclient -U UserName //HostName/ResourceName
    
    


  7. cadaver

    テキストベースのWebDavクライアント

     > sudo yum install cadaver
     > sudo yum info cadaver
     
     Installed Packages
     Name   : cadaver
     Arch   : i386
     Version: 0.22.3
     Release: 4.el5
     Size   : 263 k
     Repo   : installed
     Summary: コマンドライン WebDAV クライアント
     Description:
     cadaver はコマンドライン WebDAV クライアントです。これは、ファイル
     アップロード、ダウンロード、画面表示、ネームスペース操作 (移動/コピー)、
     コレクション作成および削除、ロッキング操作をサポートします。
     
     > cadaver http://idisk.me.com/
    
    
    ※上記の例はMobileMeのiDiskにアクセスするものです。


  8. GNU Go

    CUIで囲碁を。

    %wget%でGNU Goのダウンロードページ から最新版をダウンロードする。

     >wget http://ftp.gnu.org/gnu/gnugo/gnugo-3.8.tar.gz
     >./configure
     >sudo make
     >sudo make install
     >gnugo
    
    

    テキストでスクリーンショット:
     black(31): 
     
         White (O) has captured 0 pieces
         Black (X) has captured 0 pieces
     
         A B C D E F G H J K L M N O P Q R S T        Last move: White N2
      19 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
      18 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
      17 . . . . X O O . . O . . . . O . . . . 17
      16 . . . X . X . . . + . X . . . + O . . 16
      15 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
      14 . . . . . . . . . . X . . . . . . . . 14
      13 . . . . . . . . . . . . . . X . . . . 13
      12 . . . . X . . . . . . . . . . . X . . 12
      11 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
      10 . . O + . . . . . + . . . . . + O . . 10
       9 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  9
       8 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  8
       7 . . O . . . . . X . . . . . . . . . .  7
       6 . . . . . X . . . . X . . . . . O . .  6
       5 . . . . . . . . . O . . . . . . . . .  5
       4 . . O + . . . O . + . . X . . X . . .  4
       3 . . . . X . . . . O . X . . . . . . .  3
       2 . . . . . . . . . . . O(O). . . . . .  2
       1 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  1
         A B C D E F G H J K L M N O P Q R S T
     
     black(31):
    
    


©1998-2014 DipMeshSystems.
this site is powered by OpenSylph / DipMeshSystems.
x