DipMeshSystems.

vi / vim 技術文書
技術文書 literature music このサイトについて
ファイル操作 カーソル移動 カット&ペースト ビジュアルモード バッファ操作 ウィンドウ操作 タブページ操作 設定ファイル vim-project.vim その他

新しい行のインデントを現在行と同じにする

 set autoindent


バックアップファイルを作るディレクトリ

 set backupdir=$HOME/vimbackup 


ファイル保存ダイアログの初期ディレクトリをバッファファイル位置に設定

 set browsedir=buffer 


クリップボードをWindowsと連携

 set clipboard=unnamed 


Vi互換をオフ

 set nocompatible 


スワップファイル用のディレクトリ

 set directory=$HOME/vimbackup 


タブの代わりに空白文字を挿入する

 set expandtab 


変更中のファイルでも、保存しないで他のファイルを表示

 set hidden 


インクリメンタルサーチを行う

 set incsearch 


タブ文字、行末など不可視文字を表示する

 set list 


listで表示される文字のフォーマットを指定する

 set listchars=eol:$,tab:>\ ,extends:< 


行番号を表示する

 set number 


シフト移動幅

 set shiftwidth=4 


閉じ括弧が入力されたとき、対応する括弧を表示する

 set showmatch 


検索時に大文字を含んでいたら大/小を区別

 set smartcase 


新しい行を作ったときに高度な自動インデントを行う

 set smartindent 


行頭の余白内で Tab を打ち込むと、'shiftwidth' の数だけインデントする。

 set smarttab 


ファイル内の が対応する空白の数

 set tabstop=4 


カーソルを行頭、行末で止まらないようにする

 set whichwrap=b,s,h,l,<,>,[,] 


検索をファイルの先頭へループしない

 set nowrapscan


自動折り返しの文字幅を80文字に設定する

 set textwidth=80


自動折り返しを行わない

 set formatoptions=l


色関係

syntax on構文ハイライトカラーを有効にする。
set syn=phpPHP構文をハイライトにする。
colorscheme torteカラースキームをtorteに設定する。
set t_Co=256 256色設定で取り扱う。
set hlsearch 検索結果のハイライト表示(Macではデフォルトがnohlsearchになっている)

※.vimrc内の殆どのコマンドは、一時的な設定変更のために、コマンドモードで :set ???? のように使用できます。


©1998-2014 DipMeshSystems.
this site is powered by OpenSylph / DipMeshSystems.
x