DipMeshSystems.

yum 技術文書
技術文書 literature music このサイトについて
yumにデフォルトのレポジトリ以外のレポジトリを追加したい場合には以下のような外部レポジトリを登録して使用する方法があります。この方法は主に RedhatLinux, Fedora, CentOS などで有効です。



RPMforgeの準備


参照: RPMforge公式サイト

  wget http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm
  rpm -Uhv rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm




EPELの準備


参照: EPEL公式サイト

  rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-3.noarch.rpm




Remiの準備


参照: Les RPM de Remi公式サイト

  wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-3.noarch.rpm
  wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
  rpm -Uvh remi-release-5*.rpm epel-release-5*.rpm




レポジトリのデフォルト有効性の設定

  vim /etc/yum.repos.d

enabled=1 の場合、yumコマンドで無指定でそのレポジトリが使用される。
enabled=0 の場合、yumコマンドに --enablerepo=remi のように明示的に指定して使用する。



注意事項

レポジトリの追加は非常に便利です。
ただし、CentOSを使う理由にはRHEL(RedHat EnterpriseLinux)で検証されたものを使うというポイントもありますので、無計画にレポジトリを追加するのは避けましょう。



あるサーバのインストール済みyumパッケージを他のサーバに適用したい場合


  sudo yum list installed | sed "s/\([^.]*\)\.\(.*\)/sudo yum install \1/g" > sample.txt



©1998-2014 DipMeshSystems.
this site is powered by OpenSylph / DipMeshSystems.
x